好きこそものの上手なれ


昔、友人から聞いた話です。
その友人の知り合いは、手先が器用というか、細かい作業や絵を描いたりするのが得意で、あまり活発な女性ではありませんでした。一方、その私の友人は不器用ではないものの、細かい作業が大嫌いで、いつも大勢の人とおしゃべりしたり、ワイワイ楽しく過ごすのが大好きな女性でした。
性格や好みが正反対な二人でしたが、なぜか気が合い、けっこう行動を共にすることが多かったそうです。

そんな二人が、高校時代に、同じケーキ屋さんでアルバイトをすることになりました。
私の友人の知り合いは、手先が器用で細かい作業が得意だったこともあり、ケーキを箱に綺麗に入れたり、包んだり、楽しくて仕方がなかったのでした。
一方、友人の方は、不器用ではなかったものの、ケーキを上手く箱に入れることができず、かなり苦労していたようでした。しまいには、お客さんが来なければいいとさえ思うようになったしまったそうです。

そして、ケーキ屋さんのアルバイトも終わり、大学に進学した二人は、またまた、一緒にアルバイトをすることになりました。もう二十歳を過ぎてお酒も飲めるということで、今度はスナックでアルバイトです。

友人は、沢山のお客さんから色々なことを聞いたり、話したり、楽しく仕方がなかったそうです。一方、その友人の知り合いは、お客さんの話を聞くだけで、自分から話したり、気を使ったりすることが上手くできなかったそうです。しまいには、お客さんが来なければいいのにとさえ思ってしまったそうです。

それから二人は大学を卒業して、お互い別々の生活を歩むことになりました。

現在、私の友人は、レストランの経営者として、沢山のお客さんに親しまれているお店を経営しています。
一方、友人の知り合いは、、イラストレーターの仕事やコラムなどを書いて雑誌に掲載されているそうです。


この話を聞いて、二人の将来の職業は高校生の時に、もう既に決まっていたように思いました。
羨ましいケースですが、実際そう簡単にはいかないのが人生。

ところで、ビジネスホテル客室清掃に向いている性格は、私の友人とその知り合いの方のどちらかと言えば、もちろん知り合いの方のほうでしょう。
一人で黙々と作業することが好きな方には適している仕事だと言えます。あと、綺麗好きでこまめな方のほうが良いですね。それに、体力もないといけないし。
意外と色んな素質が必要な仕事なんです。誰でも続けられる仕事ではないんです。客室清掃は立派な仕事です。

さあ、あなたも自分の本質をよく考えて、自分の道を貫きましょう。