客室清掃の楽しみや充実感を倍増する方法



用意するものはノートとボールペンまたはシャープペンと、好きな色のマーカーペンです。

一日の仕事すべて終えて、床につく前に、好きなアロマを焚いたり、ハーブティーでも飲みながら、今日一日の一人反省会をします。

用意したノートに、その日の仕事で感じたことや思ったこと、上手くいったこと、上手くいかなかったことなど何でも思うままに書いていくのです。誰かに見せるために書くのではないので、こんなこと書いたら笑われるとか、こんなこと関係ないなど考えずに必ず本心を書いてください。
そして、一番大切なことは、自分の本当の気持ちが出てきやすくするために、かしこまらずにぼーっとしながらサラサラと力を入れずに書いてください。

今日一日の仕事に関して湧いてくる気持ちをどんどん書いてください。文章を書くというよりも、思考を書きまくると言った感じです。

そして、思考が止まってきて、書くことが無くなったら終わりです。パタっとノートを閉じ、読み返したりせずに、そのままぐっすり眠りましょう。


翌日、同じように、一日の仕事をすべて終え、床につく前に、前日書いた文章を今日は読んでみます。その時、昨夜書いた文章の中からポジティブな事を書いた文章だけを、用意してある好きな色のマーカーペンで塗ります。
ネガティブなことを書いた文章はサラっと読むだけにします。
そして、読み終わったら、マーカーで塗ったポジティブな文章を、ぼーっと、じーっと見つめます。
そして、ぼーっと、じーっと見つめながら、心の中でその文章を何度も繰り返します。この時、声に出して繰り返さないでください。あくまで、心の中だけで繰り返してください。そうすることによって、客室清掃という仕事に対するポジティブな感情が潜在意識に届き、客室清掃という仕事に対するポジティブな気持ちが揺るぎないものになっていきます。
潜在意識を客室清掃向きの脳に変えたい方はこちらのページを参考にしてみるのも良い方法ですよ。

ぼーっと、じーっと、ポジティブな文章を見つめ、声を出さずに心の中で繰り返します。


このように、毎日5分でいいですから、ぼーっとしながらノートにその日の清掃に関することを素直に書き記し、翌日、マーカーペンでポジティブな文章を塗り、心の中でその文章を、ぼーっと、じーっと見つめて心の中で繰り返します。書いている時も、文章を見つめる時も、ぼーっとしながら行うことが重要です。

これを、毎日続けてください。もう自分は大丈夫、客室清掃が楽しくなってきたと思うようになるまでずっと続けてください。本心から好きだと言える仕事に変わる時がきっと来ますので、是非、試してください。

この方法は、先ほども書きましたが、客室清掃をしていて、ほんの少しでも楽しいとか充実感を感じた瞬間がある方に限ります。客室清掃の仕事が大嫌いになってしまった人には、向いていないかもしれませんが、今は嫌いでも、いつかは好きにないたいと思っている人には効果が期待できるかもしれません。