運動不足の解消ができる仕事


客室清掃の仕事をしていると、汗をたっぷりかきます。真冬でも、私のような汗かきの人間にとって一年中汗をかくことになります。そのため、仕事中と仕事の後に摂る水分量は、真夏で3リットル、真冬でも約1リットルとかなりです。たっぷり汗とかいて、たっぷり水分補給するので、体中の老廃物が普通の人より少なくなります。
そのため、仕事に慣れてくると、とても体の調子が良いのです。
かなり重症な便秘症だったのですが、ほとんど便秘をしなくなりました。そして、風邪を引くことが少なくなりました。
私は若い頃からずっと事務職だったので、運動不足や、真夏のエアコンによる冷えや、ずっと座っている仕事なので、夕方にはかなり足がむくんでしまい、朝履いていたブーツが夕方履けなくなることもよくありました。
常に肩が凝っていて、目が疲れていて、目薬を手放すことができませんでした。

事務職から客室清掃への転身というのは、最初かなりきつくて、筋肉痛が他の人より長く続きました。自分には続けられないと思っていました。でも、客室清掃の充実感がとっても気に入っていたので、絶対自分の仕事にするんだと頑張っているうちに、少しずつ慣れてきて、筋肉痛も収まり、体調が日に日に良くなっていくのが分かりました。

また、10時から3時までの仕事なので、事務職の時と違って、夕方疲れきって家に着くことがほとんどなくなりました。ゆっくり夕飯の買い物をして、帰ってからゆっくり夕飯に支度ができ、少し時間が余るようにさえなりました。肩こりや目の疲れもほとんどなくなり、おまけに長年悩んでいた便秘も治ってしまったので、事務職より楽な仕事だと思うようにもなりました。
でも、客室清掃の仕事だけは食べていくことができません。この仕事だけで食べていければ本当に幸せなのですが…

やはり、人間はたっぷり汗をかくと、気持ちがいいのです。汗をかくのが苦手な人には合っていない仕事と言えるかもしれません。でも、仕事をすることによって、体調が良くなるのですから、悪い事ではありません。

ただ、腰や膝に気を付けて長く働けるように体調管理をすることも大切です。
たっぷり汗をかいて、たっぷり水分補給して、足腰を大切にし、あなたにとって長く続けられる素敵な仕事に変えていって欲しいと心から願っています。頑張ってください。