清掃の順番


○ステイ部屋を除き、先にアウト部屋の清掃をする。

○ドアをノックして、お客さんが本当にチェックアウトしたか確かめる。チャックアウトしたとフロントからサイン があっても念のためです。

○ドアを開けたら、まず、入り口に掛けてあるハンガー、スリッパを整えながら部屋に入っていく。ドアを開けた瞬 間から清掃が始まっているのです。

○バスルームのドアを開け、換気扇がオフになっていたらオンにして、シャワーカーテンをレールに引っかける。バ スタオル類をバスルームから放り出す。

○カーテンを開け、窓を開ける。臭いがこもっている場合があるので、早目に窓を開けるのが重要です。

○ゴミ箱のゴミをビニール袋ごと取り出し、その袋に部屋中のゴミを一気に集めて入れる。そしてひとまず部屋の片 隅(入口に近い所)にそのゴミ袋を置いておく。気づかなかったゴミを後で入れるためです。

○部屋にあるコップ類をバスルームのシンクへ持って行く。

○シーツを剥がし、タオル類を集めリネン袋へ入れる。

○シーツ・枕カバー・浴衣など、ベッドメイクに必要な物をベッドの上に置いておく。拭き上げタオル(清掃会社に よって呼び方が違う)を3枚一緒に持ってきてバスルームに投げ込む。

○バスルームの清掃を始める。
 シャワーカーテンが濡れないようにカーテンレールに引っかけておく。
 バスタブとトイレを一気に洗い上げる。先に洗っておけば、部屋の清掃やベッドメイクをしている間にほぼ自然に 乾きます。
 バスタブとトイレは絶対に手を抜けません。ちゃんと洗わなければザラザラ感が残り、後々クレームの原因になり ますので。
 バスタブを洗ってから、1枚目の拭き上げタオルをバスタブの床に敷いておく。
 トイレをトイレブラシで洗う。
 洗った後、トイレの蓋の上に2枚目の拭き上げたるを敷いておき、コップ類を洗い 、洗った物をタオルの上に置 く。これでコップの水滴を落とせます。3枚目の拭き上げタオルでコップを拭き、定 位置に置く。その3枚目の 拭き上げタオルでシンクを拭き、トイレの外側を拭き、床も拭く。
 バスタブに敷いた拭き上げタオルでバスタブ全体とシャワーヘッドや鏡などの水滴を拭く。その後、アメニティー やシャンプーの補充をして、シャワーカーテンを広げ、髪の毛やゴミが付いていないかチェックしながら、カーテ ンの水滴も拭く。トイレットペーパーを引き出し易いように三角に折る。

○部屋の掃除をする
 布巾を2枚くらいポケットに入れておく。
 ベッドを組む。
 テーブルやテレビなどをマイペットやマジックリンなど の洗剤を吹き付けて拭く。
 テーブルの引き出しを開け、中をチェックする。
 冷蔵庫の中をチェックし、もう一枚の布巾で拭く。
 掃除機を部屋の奥から入口へと順番にかけていく。この時、髪の毛に注意しながら。
 また、バスルームもまだ髪の毛が残っていないかチェックし、あったら掃除機で取り除く。
 お茶・ポット・コップ類をセットし、ゴミ箱にビニール袋をセットし、最後に鏡を拭いて、窓を閉め、カーテンを 閉めて終わり。