居心地の良さを最初から求めない


仕事を始めてすぐ、もしくはしばらく経過したときに、居心地悪いと感じることがあるかもしれません。
仕事は上手くいかないし、周りの人たちは冷たいと思うからでしょう。でも、最初から居心地の良い職場などありません。
その職場に馴染むように、役立つように努力して、周りから認められて初めて居心地の良い職場になるのです。きっと一生懸命やって3ヶ月過ぎた頃には、この仕事を始めた時に感じた違和感のようなものをすっかり感じなくなっているはずです。周りのあなたを見る目が違ってきたら、認められた証拠です。

先輩たちは、今まで沢山の新人さんが入って来ては辞めていくのをさんざんイヤというほど目にしているのです。だから、どうせあなたもすぐ辞めてしまうだろうと思っていたのです。
でも、ここまでやってこれたならもう大丈夫とあなたを認め、親近感がわいてくるのです。

愚痴を言わず、3ヶ月頑張ってみると、何かが違ってきます。
あなたが変わってきたこともあるでしょうが、先輩たちがやっと仲間だと思ってくれる時が来たら、少しずつ居心地が良くなってくると思います。それまではなんとしても頑張りましょう。

頑張ってやって来たことって、決してこれからの人生にプラスになることこそあれ、マイナスに働くことはないはずです。仮に、客室清掃の仕事を辞めることになってもです。