仕事初めの心構え

さあ、採用の通知をもらい、いよいよ客室清掃デビューです。研修があるところが多いですが、小さいホテルではいきなり清掃に入るところもあります。戸惑いはあるでしょうが、頑張りましょう。
ちょっと厳しすぎることを書きますが、最悪の状態を考えておいた方がこっけう上手くいくこもあるものです。
せっかく決まったビジネスホテル客室清掃の仕事が、あなたを成長させてくれる職場になるように願って前向きに考えましょう。

⇒宿泊客が異常に汚した部屋に動揺しない

客室清掃をやってみたいと思った時に、かなりの人がトイレの汚れに抵抗を感じるのではないでしょうか。自分の家のトイレの汚れだったら平気でしょうが、他人が汚したトイレを掃除するという事は、少なからず抵抗を感じます。しかし、客室清掃という仕事を選んだ以上は、トイレの清掃から逃れる…

                                         >>続きを読む


 ⇒年下の人でも先輩です

仕事を始めると、周りの皆さんが先輩です。かなり年下の先輩もいるわけです。でも、どこの職場でもそうですね。経験のある仕事でも、職場が変われば周りは全員先輩です。職場によって仕事のやり方などが違うので、その職場のやり方に合わせなければなりません。なかには…

                                          >>続きを読む

 ⇒先輩たちの顔色をあまり気にしない

初めて客室清掃の仕事に就いた時は、独特の違和感を感じるかもしれません。先輩たちの顔が不機嫌そうに見えたり、怒っているように思えたりする先輩もいることと思います。でもそれは、実際に不機嫌で怒っているわけではなく、これから始まる清掃の段取りとか、時間との勝負である一日が…

                                         
>>続きを読む

 ⇒居心地の良さを最初から求めない

仕事を始めてすぐ、もしくはしばらく経過したときに、居心地悪いと感じることがあるかもしれません。仕事は上手くいかないし、周りの人たちは冷たいと思うからでしょう。でも、最初から居心地の良い職場などありません。その職場に馴染むように、役に立つように努力して、周りから…

                                         
>>続きを読む

 ⇒たかが清掃という気持ちを捨てる

客室清掃は、結局清掃だから簡単な仕事で、誰でもできると思わないでください。どんな仕事でも、一生懸命やればやるほど、次々と疑問やアイディアなどが出てきて、奥が深いのです。どんな仕事にもその道のプロがいます。やり方によっては、プロ級の仕事ができるまでになれる…

                                         
>>続きを読む

 ⇒できれば、プロとしての意識を持てるように努力する

これは、なかなか難しい事ですが、私はこれが一番大切だと思っています。この意識があれば、どんな仕事でも必ず成就するように思います。初めは、なかなか無理でしょうが、いつかこの意識を持てることを目標に仕事を続けていくと知らず知らずのうちに周りからあなたをプロと認める日が来る…

                                         
>>続きを読む