ホテル風の部屋にするための家具の選び方


そしてチェアですが、多くのホテルでは、チェアに特徴があるように思います。
ビジネスホテルという名の通り仕事のために宿泊する方が多いからでしょうか、オフィスタイプのチェアを採用しているところが最近とても増えているようです。ご自宅の部屋でもパソコン作業や仕事をする方は、オフィスタイプのおしゃれなチェアを選びましょう。また、一般的なダイニングチェアのような椅子にする場合も部屋全体のバランスを考えて、ご自分好みの椅子を選んでみましょう。

★家具はシンプル、チェアは個性的でカラフルなものを選ぶとおしゃれに仕上がります。



北欧デザインダイニングチェア

本体2色(チェリー・ブラウン)カバー8色から好きな
組み合わせが出来て、カバーは2枚セットでお得です。
部屋の差し色になる色を選んでアクセントにしましょう。  

ソファっぽい360℃回転チェア
可愛さとスタイリッシュ感を兼ね備えたオシャレなチェア

 
 
ハニーブラウンラタンチェア
ダークブラウンラタンチェア
定番のラタンチェアです。レトロな雰囲気のビジネス
ホテルっぽい部屋に合いそうな雰囲気を持っています。

 

イス王国のスタイルレザーチェア

5980円と低価格にもかかわらずフォルムがスタイリッシュで座り心地も抜群なとっておきのお買い得オフィスチェア





ビジネスホテルの客室にはデスクが必ずと言ってもいいほど備え付けてあります。パソコンや書き物をするのはもちろん、メイクもこのデスクでするわけですから必要なアイテムの1つです。
ビジネスホテルの部屋には、ヘッドボードやベッドサイドチェストとお揃い感のある(色と質感が同じか似ている)デスクが備わっています。ビジネスホテルっぽい部屋をつくる時は、ベッドやベッドサイドチェストやその他の家具と統一感のあるデスクを選ぶとよりホテルらしさを演出できます。シンプルなデスクで部屋の統一感を出しましょう。

★デスクもベッドと同じシンプルな色と形のものがベストです。
  
BONシンプルデスク
幅120・150・180cmの3種類、カラーもダークブラウン・ホワイト・ナチュラルの3種類から選べます。
このようなシンプルなデザインのデスクだと、他の家具と合わせ易くなりビジネスホテル風の部屋の再現が簡単です。
ベッドと同じ色のデスクを選んでお揃い感を演出しましょう。





ビジネスホテルのベッド用寝具は大まかに2通りあります。
1つは、ベッドをすっぽり覆ってかつ掛け布団にもなる中綿入りのベッドスプレッド。もう1つは、シティホテルで最もポピュラーになっているデュベスタイルです。デュベとは羽毛布団のことで、ご家庭の寝心地をホテルでも再現するという考えから採用されたスタイルです。
デュベスタイルの場合、ベッドライナーというデュベカバーの上に帯のような布を施します。このベッドライナーがグッと部屋をホテルらしくしてくれます。好きな色のベッドライナーをセットしましょう。
ベッドライナーをわざわざ購入しなくても、好きな色柄の布で代用したり、テーブルランナーで代用しても良いでしょう。ベッドスプレッドは、市販の物でホテルっぽいものが低価格で手に入りますので、大いに利用してホテルの部屋を実現しましょう。


中綿入りベッドスプレッドを施したベッドメイク

デュベスタイルとベッドライナーのベッドメイク


★低価格で手に入り易いベッドスプレッドでビジネスホテルの部屋を再現しましょう。

 
 
 





ビジネスホテルの客室には、その他にも部屋を構成している色々なアイテムがあります。
カーテンやカーペットウォールミラー絵画と額縁などなど。
カーテンやカーペットはやはりシンプルな無地が無難だと思いますが、最近のビジネスホテルの客室のカーペットは柄物(ストライプや市松柄など)が増えているようです。色に関してはベージュ系やブラウン系、ダークグリーン系グレー系などの落ち着いたものが圧倒的です。家具や照明などのアイテムを決めてから最後にカーテン・カーペットを決めたほうがバランスの崩れが無くて良いとおもいます。

★タイルカーペットにすると、貼リ方によって印象が変わります。



★ウォールミラーもシンプルな木製枠やノーフレームのものでビジネスホテルらしくなります。









いくつかビジネスホテル風の部屋づくりに合うアイテムを紹介させていただきましたが、実際のビジネスホテル客室をお手本に、ご自宅の部屋をビジネスホテル風につくる為の各アイテム選びのプランを行ってみました。
ビジネスホテルっぽい部屋づくりのプランと予算のページへお進みください。

プランと予算 1 プランと予算 2
プランと予算 3 プランと予算 4
プランと予算 5 プランと予算 6
プランと予算 7